意外と安い!簡単!ウェブ接客導入のメリット|Sales Support
HOME>トピックス>意外と安い!簡単!ウェブ接客導入のメリット

最小限のコストで売上を上げたい

コストは削減しながら同時に売上をあげたいと言うのはどの店舗であっても目指すところですよね。そんなニーズに応えるツールとしてウェブ接客があります。ウェブ接客を取り入れる必要性を考えるために、LPOと異なる点を見ていきましょう。もちろん、ウェブ接客のメリットも解説します。

ウェブ接客とLPOの違い

ウェブ接客

ウェブサイトにタグを埋め込むだけのコストでコンバージョン率の改善が期待できます。一人ひとりに合わせたコンテンツを出し分けることができる強みがあります。

LPO

LPOとは、検索結果などからまず初めにアクセスするページを指します。ページを複数作成し、求める情報へのルートをわかりやすくし、誘導することでコンバージョン率の改善を目指すものでもあります。

PC操作

チャットツールが熱い

BtoBのウェブ接客を考える際に大切な事は、BtoCのウェブ接客と同じように、お客様に自分たちの商品を買ってもらうことを考える事です。その為にも、自社のWebサイト上にお客様がコンタクトしやすいチャットツールを置く企業が増えています。スマートフォンやPCから情報を収集するお客様は、まず始めに会社のWebサイトをみます。Webサイトをみて、資料請求や問い合わせにつなげる為にも、チャットツールを置く事によってお客様との接点を増やす事はとても有効的です。

チャットでストレス減

ウェブ接客をチャットツールを使用して行う場合、通常のWebサイト上のお問い合わせなどと異なり、様々な入力を行わなくて済むという利点があります。BtoBのお問い合わせの場合、自社の素性を明かさなければならない為、ちょっと聞きたい、問い合わせたいというだけでもお客様側にはストレスがかかってしまうこともあります。その点チャットツールであれば、ちょっと聞きたいなという場合、素性を明かさなくてもよいため、軽い気持ちでコンタクトを取る事が出来るでしょう。

月数千円から利用可能

ウェブ接客のツールはかなりリーズナブルに使用する事が可能です。BtoB専門のウェブ接客ツールを開発している会社もありますが、BtoC向けでも十分に企業相手にも使用できるツールが沢山あります。IPアドレスからアクセスしている相手企業の情報を取得するものやテレビ電話で商談できるものもありますので、色々試してみると良いでしょう。

広告募集中